一戸建ての売買契約について

一戸建てを購入するときには交渉などを行って、買い手と売り手とが合意すれば売買契約を結びます。

売買契約を結ぶと解除できるケースが限られますから、事前に十分な確認をする必要があります。

泉南の新築一戸建てを求める人にお勧めしたいサイトです。

契約を結んでから契約内容を変えることはできません。

一戸建ての売買契約の内容については、法律に触れるような内容でなければ自由に決めることができます。


ですから、条件を指定して、取引相手に納得してもらうことができれば、その条件を組み込むことができます。

自由であるということは、つまり自己責任であることを意味します。たとえば取引相手が不動産業者の場合には、一般消費者が一方的に不利にならないように法律による規制はありますが、それでも基本的には自己責任で契約を結ばなければなりません。

ですから、契約内容を確認するときには、重箱の隅をつつくくらいで調度よいです。



なお、消費者が不動産業者から一戸建てを購入する際には、いくつか制限されていることがあります。

というのは、情報量で圧倒している不動産業者と、情報の少ない一般消費者の取引では、不動産業者のほうが有利になるからです。



一方的に不動産業者に有利な内容で契約を結ぶことができないようになっていますし、仮にその内容で契約を結んだとしても、契約自体が無効になることもあります。


これらの制限は宅地建物取引業法に定められていますが、取引相手が不動産業者の場合には消費者契約法も適用されますから、ある程度は守られています。

Copyright (C) 2015 一戸建ての売買契約について All Rights Reserved.