留学の行き先を考えよう

英語を学ぶために留学をする場合にはどの国に留学をした方がよいでしょうか。


英語圏の国で代表的と言われてるのはやはりアメリカですが、アメリカはあまり留学初心者には向いていないと言うのが一般的な考え方です。

なぜなら、あまりかには日本人が少なく、英会話の初心者が行っても日本語で説明してくれる人がいないため、かなり長期間の滞在をしなければ英語が身につきにくいのです。

初めてでもわかりやすい、留学に関する耳より情報です。

夏休みだけの1ヶ月程度の滞在ではよくわからないまま終わってしまうか、わかり始めた頃に帰国をしなければならなくなります。

これに対して、同じ英語圏のカナダは初心者には向いています。

カナダは昔から世界中の人種を拒まず受け入れた歴史があります。

これは今でも同じで日本人もたくさん受け入れており、多くの日本人が住んでいるのです。日本人がいることで、日本語が通じ、通訳代わりになってくれますので、初心者で英会話がほとんどできなくてもなんとか生活をすることはできます。



もう一つの英語圏であるオーストラリアは初心者も受け入れてくれます。
ただし、オーストラリアは独特のなまりがありますので、オーストラリアの留学を好まない人もいるのも事実です。

しかしながら、オーストラリア人の英語になまりがあったとしても日本人がしゃべる英語にオーストラリアのなまりが表れる訳ではありません。

エキサイトニュースの初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

普通、日本人が英語を話す場合にはどうしても日本語なまりの英語になります。


特に10歳以上で英会話を始めた場合は日本語なまりがなかなかとれないのです。
そういう意味ではオーストラリアのなまりは英会話を学習する上であまり関係がないといえます。